風俗遊びで考えられるトラブル

風俗遊びで考えられるトラブル

風俗はストレス解消や息抜きをしたい時にも最適です。

ですが、風俗に行きたくなっても心配なのが病気です。

風俗に行くことで欲求は満たされますが、お店にいる人は何人ものお客さんとかかわっているので、性病をうつされる可能性もあります。

ですからできるだけ清潔で安全なお店を利用することと、あまり何人もの人と関わりすぎるのも避けましょう。

万が一病気になっても、どこでうつされたのかが分かると次回から気を付けることもできるのでいいです。

また、日本国内よりも規定が厳しくない海外にいって風俗を楽しむ人もいるでしょう。

そういった時も同じです。

よくあるのが金銭トラブルですが、いい気分になってのんびりとしている間にお財布が盗まれてしまうようなこともあるので注意です。

ですが、海外の性風俗は日本のように人目を気にすることもなく開放的な気分で楽しめるのが魅力的です。

日本人よりも大人っぽい感じの人も多いので、日本と違った風俗の感じを楽しめるでしょう。

できるだけトラブルを避けるために、安全に利用することと、はめをはずしすぎないようにすることが大事です。

また、現金払いでなくクレジットカード払いの場合はスキミング、また支払い請求額が過剰請求になっていることもあるので気を付けましょう。

韓国の性風俗事情について

韓国の性風俗事情について

韓国は性風俗に関する考えが厳しい国です。

旅行をして夜、街を歩いていると呼び込みの女性などはたくさんいますし、風俗のお店もありますが、テレビで性や風俗を連想される言葉や表現などがあるととても厳しく制限されます。

例えば音楽のMV一つにしても、ダンスが過激であったりエロティック、卑猥なものは年齢制限されるか放送禁止になることが多いです。

また、それはテレビドラマでも同じです。

家族で見るドラマではキス以上の表現は出てこないことがほとんどです。

そして日本と違うのは性描写、性表現がされているアダルトビデオというのがないことです。

性風俗表現のアダルトっぽい内容の映画やドラマはあるものの、あからさまにアダルトビデオとして制作されているものはないので、韓国の人がそういったアダルト向けのビデオを見たい時は、日本のものを楽しんでいるようです。

今はネットが普及していますから、アダルトのネット制限されない限りは自由に楽しむことができるでしょう。

性風俗に関する放送は厳しいですが、ネットはとても発達している国なので、性風俗の制限も難しいところでもあります。

日本と同じアジア人顔の国ですから、登場する人も違和感なく楽しめるのが魅力的で、いいところなのかもしれません。

激安ピンサロ風俗ってどうなの?

激安ピンサロ風俗ってどうなの?

大きい都市だと、風俗店は数え切れないくらいたくさんあり、中には金額だけで勝負しているような激安店もあったりします。

私の場合は、よく遊びに行く街に昼間に行くと3000円のピンサロというのがありました。

こういった激安店は話題性が高く、なかにはこういった激安店に行った事を勇者扱いされたりもします。

ある程度、歳を取った今となっては決して行こうとは思えませんが、若くて勢いしかなかった頃は、友人と悪ノリみたいな形で行ってしまった事があります。

私が行ったのは平日の昼間で、友人と二人に入ったのですが、おそらく女の子は3人しかいなかったです。

そして3千円にも関わらず、10分の2回転というサービスだったので

必然的に一人は友人と女の子がかぶるような内容でした。

まず店に入った印象としては、暗い!!この手の個室ではないピンサロは暗い店内というのが基本なのですが、他のピンサロ店と比較しても暗くて

女の子の顔もまともに見れないような内容でした。

そして私に最初についた女の子は、案の定というか、そんな暗闇でも、シルエットを見ただけで萎えてしまう、ふくよかな女性でした。

友人は私の後ろの方の席で、暗くても最初に私のところにきた女性のシルエットは見えていたみたいで、私は微動だにしなく死んでいるんではないか?と言われました。

2人目は最初に友人のところについていた女の子でぽっちゃりではなかったので、多分美人ではなかったと思いますが、しっかりサービスもしてくれたので、無事にフィニッシュまでいけました。

結果的には、当時若かったので3千円ならと満足してしまったのと、何よりも、話のネタになったというのも大きかったです。

風俗店で女性との接し方を学ぶ

風俗店で女性との接し方を学ぶ

うん、現在の若者はなかなか女性に対して積極的にアプローチをすることができず、多くの人はテレビの世界や雑誌の世界で女性を経験していることになります。

このような仮想空間の中での女性経験は実際の実体験ではなく空虚な世界でありますので、妄想の中での恋人となるわけです。

しかし空想上の恋人であるならば何もテレビの世界や雑誌の世界だけではなく性風俗の世界でも、これとよく似た擬似恋愛をすることは可能となります。

性風俗の世界は当然相手はお金を稼ぐための仕事として男性と性行為をこなことになりますので、本来の恋人関係によっての性行為ではありませんが、しかし、仮に相手が自分のことを愛していなくても性欲を発散することはできますし、ある程度の満足感を得ることも十分に可能になります。

これらの性風俗の業界は女性を本格的に抱くことができない男性にとっては、すくわれる形となっていきますので、積極的な形で性風俗で自分の性欲を満たす男性は、現在若者に対して非常に多くなっています。

性風俗で女性経験を行うということは半ば反道徳的なことではありますが、しかし男性とは、女性と性行為をしたい欲望を持つことが、これは人間的にあたりまえのことでもありますので、全く自分はダメな人間だと勘違いする必要はないと言われています。

成人男性のほとんどが風俗経験者!?

成人男性のほとんどが風俗経験者!?

性風俗でお金を払って女性遊びを楽しむというのは、世間体は決してよくなく、私も最初は風俗なんて絶対に行かないと思ってましたし、風俗に行くことはモラルもありますが

プライドが許さないと思ってました。

ですが、新社会人になると、精力も溢れ出ると年頃ですし、初任給は低くても学生の頃の遊び方では使い切れない給料はもらえますし、なにより、会社内外関係なく周りの人が風俗に行ったという話に影響をされてしまいます。

へんなプライドや恥じらいがあっても、周りでそういった抵抗を一切感じさせない口調で、風俗の良さを語る人の話を聞いていると影響を受けて、だんだん風俗への抵抗心というのは薄れてくるものです。

そして、飲み会などで、酔っ払ったあとに、周りの人が風俗に行こうと言い出し、財布の中に風俗に行けるくらいのお金が入っていると、勢いで行ってしまうものです。

これは私の周りを見ていても、同じような光景は多く、ついこないだまで、風俗は行かないと行っていた人が少し時間が経つと、気づけば風俗にハマっていたというのもよくある話で、

長年社会人をやってて、全く風俗に行った事がないという人は、人間付き合いは悪いとか、暗いとか、ノリが悪いとか、良い印象というか悪い印象を思ってしまいます。

当然、風俗に行って、ハマる人もいれば、すぐに飽きる人もいますが、大人になると風俗の印象や偏見というのは変わるものです。

原点・風俗広告のことなら【AD GUMBO!アドガンボ】 | 風俗店、デリヘル向けの広告代理店です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする